H15-28-イ 商-使用権


■ H15-28 枝(イ) ■   商-使用権

<問題>
 専用使用権又は通常使用権に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(イ) 専用使用権及び通常使用権は,相続その他の一般承継の場合を除き,商標権者の承諾を得ないと移転することはできないが,商標権は,専用使用権者の承諾も,通常使用権者の承諾も得ることなく移転することができる。






<解答>
答え:  (商30条3項,商31条3項)

解説: 
 専用使用権・通常使用権は,商標権者の承諾を得た場合及び相続その他の一般承継の場合に限り,移転することができる(商30条3項,31条3項)。どのような者が商標の使用をするかは,業務上の信用を維持しようとする商標権者にとって重要な関係を有するからである。よって,前段は正しい。
 また,商標権の移転に専用使用権者,通常使用権者の承諾は不要である。よって,後段も正しい。

Point!
 棄には位者の承諾が必要であり,転(譲渡)は位者(下位者以外,共有者を含む)の同意が必要であるという原則があります。「ホウカイジョウ(放火異常)」と覚えましょう。


スポンサーサイト


ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-28-ロ 商-使用権


■ H15-28 枝(ロ) ■   商-使用権

<問題>
 専用使用権又は通常使用権に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ロ) 専用使用権者は,専用使用権について通常使用権を許諾している場合,当該通常使用権者の承諾を得ることなく,その専用使用権を放棄することができる。






<解答>
答え: × (商30条4項,準特97条2項)

解説: 
 専用使用権者は,質権者又は専用使用権者の許諾による通常使用権者があるときは,これらの者の承諾を得た場合に限り,その専用使用権を放棄することができる(商30条4項,準特97条2項)。これらの者の利益に重大な影響があるため,承諾が要件となっている。
 よって,本枝は誤り。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-28-ハ 商-使用権


■ H15-28 枝(ハ) ■   商-使用権

<問題>
 専用使用権又は通常使用権に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ハ) 通常使用権を移転する場合には,その通常使用権の登録の後に登録された専用使用権が存しても,当該専用使用権者の承諾を要しない。






<解答>
答え: 

解説: 
 通常使用権は,商標権者(専用使用権についての通常使用権にあっては,商標権者及び専用使用権者)の承諾を得た場合及び相続その他の一般承継の場合に限り,移転することができる(商31条3項)。
 本問の場合,専用使用権について通常使用権ではないため,商標権者の承諾は必要であるものの,通常実施権の登録後に登録された専用使用権者の承諾は不要である。
 よって,本枝は正しい。

Point!
 自分の直系の上位者の許諾が必要となります。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-28-二 商-使用権


■ H15-28 枝(二) ■   商-使用権

<問題>
 専用使用権又は通常使用権に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(二) 専用使用権者は,商標権者の承諾を得た場合でも,更に専用使用権を設定することはできない。






<解答>
答え:  (商30条1項)

解説: 
 専用使用権者は通常使用権の許諾をすることができるが(商30条4項,準特77条4項),専用使用権の設定が認められるのは商標権者だけである(商30条1項)。
 よって,本枝は正しい。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-28-ホ 商-使用権


■ H15-28 枝(ホ) ■   商-使用権

<問題>
 専用使用権又は通常使用権に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ホ) 専用使用権者が故意に指定商品についての登録商標に類似する商標の使用であって商品の品質の誤認を生ずるものをしたときであっても,当該商標登録を取り消すことについて審判(商標法第53条)を請求することができるとは限らない。






<解答>
答え:  (商53条1項ただし書)

解説: 
 使用権者が所定の不正使用を行った場合であっても,商標権者がその事実を知らなかった場合において,相当の注意をしていたときには取消審判の請求をすることができない(商53条1項ただし書)。かかる場合にも監督責任を負わせることは酷だからである。
 よって,本枝は正しい。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         
弁理士合格アプリ
弁理士合格アプリ125×125
検索フォーム
プロフィール

みるみる事務局

Author:みるみる事務局
- - - - - - - - - - - -
弁理士試験の書籍 『みるみる』シリーズの電子版です。
本ブログは、上記書籍の著作権者による許諾のもと運営する公式サイトです。
- - - - - - - - - - - -

リンク
カテゴリ
最新コメント
タグリスト

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR