スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-32-イ 意-意匠権


■ H15-32 枝(イ) ■   意-意匠権

<問題>
 意匠権の効力に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,正しいものは,いくつあるか。

(イ) 意匠登録を受けた部分意匠の意匠権の効力は,当該部分意匠を含む意匠の実施品であっても,当該実施品には及ばない。






<解答>
答え: × (意23条)

解説: 
 部分意匠制度(意2条1項かっこ書)は,独創的で特徴ある部分を取り込みつつ意匠全体としては侵害を避ける巧妙な模倣を防止する観点から創設されたものである。そして、部分意匠の意匠権侵害とは,権原なき第三者が業として登録意匠若しくはこれに類似する意匠を含む意匠の実施をすること,又は一定の予備的行為をすることをいう(意23条,38条)。したがって、当該部分意匠を含む意匠の実施品にも,部分意匠の意匠権の効力は及ぶ(意23条)。
 よって,本枝は誤り。


スポンサーサイト


ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-32-ロ 意-意匠権


■ H15-32 枝(ロ) ■   意-意匠権

<問題>
 意匠権の効力に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,正しいものは,いくつあるか。

(ロ) 組物の意匠の意匠権の効力は,組物の意匠の実施品と,組物を構成する個々の物品の意匠の実施品に及ぶ。






<解答>
答え: × (意8条)

解説: 
 組物の意匠権は,組物全体として統一があるときに一意匠として発生するものである(意8条)。したがって,組物の意匠権の効力は,組物全体として同一・類似の意匠だけに及び,組物とは物品・形態が非類似となる各構成物品には及ばない。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 組物の意匠制度とは,所定の組物を構成する物品の意匠が組物全体として統一があるときは,一意匠として意匠登録出願を認め,登録する制度をいいます(意8条)。一意匠一出願(意7条)の例外的規定です。
 効力としては,個々の構成物品は異なるが,全体として似た印象を与える巧妙な模倣を防止可能であるというメリットがある一方で,権利一体の原則から構成物品ごとに権利行使ができないというデメリットがあります。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-32-ハ 意-意匠権


■ H15-32 枝(ハ) ■   意-意匠権

<問題>
 意匠権の効力に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,正しいものは,いくつあるか。

(ハ) 意匠権者が当該意匠権について範囲を全部とする専用実施権を設定した場合には,その意匠権者は,自己の名において,その意匠権を侵害する者に対して,その侵害の停止を請求することができない。






<解答>
答え: × (意23条ただし書,最判平17・6・17参照)

解説: 
 専用実施権を設定した場合でも,意匠権者に差止請求は認められる。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 判例は,「①文言上,差止請求権が制限されないこと②侵害を除去すべき現実的な利益があること③専用実施権消滅後,意匠権者が実施をする際に不利益を被る可能性があること,から意匠権者による差止請求権は認められる」と解しています。
 論文式試験で出題された場合の書き方については,特許法の同様の枝で詳説しているため,忘れてしまった方は確認しておきましょう。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-32-二 意-意匠権


■ H15-32 枝(二) ■   意-意匠権

<問題>
 意匠権の効力に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,正しいものは,いくつあるか。

(二) 本意匠イと,その関連意匠ロについて意匠登録を受けた場合において,イには類似しないが,ロにのみ類似する意匠ハが実施されたときは,当該意匠権者はハを実施する者に対して,ロの意匠権の侵害であることを理由とする侵害訴訟を提起することができない。






<解答>
答え: × (意23条)

解説: 
 意匠権者は業として登録意匠およびこれに類似する意匠の実施をする権利を専有する(意23条)。また,関連意匠には独自の効力が認められる。
 本問においては,関連意匠ロのみに類似する意匠ハを実施するものに対して,関連意匠ロの意匠権の侵害であることを理由として,侵害訴訟の提起をすることが可能である。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 昔の類似意匠制度のときには,類似意匠登録は本意匠の類似範囲を確認する効力しか認められず,類似意匠登録に基づいて権利行使ができないという解釈があったため,関連意匠制度が新設されました。新設といっても平成10年以前の問題なので,今の受験生には問題の所在が掴めないかもしれませんね。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-32-ホ 意-意匠権


■ H15-32 枝(ホ) ■   意-意匠権

<問題>
 意匠権の効力に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,正しいものは,いくつあるか。

(ホ) 秘密意匠の登録意匠が秘密にすることを請求した期間内に,その登録意匠に類似する意匠を第三者が実施しても,当該意匠権の侵害の行為について過失があったものと認められることはない。






<解答>
答え: × (意40条,意14条3項)

解説: 
 原則として,秘密意匠請求期間中の侵害行為については,過失の推定がされない(意40条ただし書)。しかし,過失の推定がなされないに過ぎず,具体的に過失が認められることがある。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 この場合には,意匠権者側が,過失の存在について主張・立証責任を負うことになります。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         
弁理士合格アプリ
弁理士合格アプリ125×125
検索フォーム
プロフィール

みるみる事務局

Author:みるみる事務局
- - - - - - - - - - - -
弁理士試験の書籍 『みるみる』シリーズの電子版です。
本ブログは、上記書籍の著作権者による許諾のもと運営する公式サイトです。
- - - - - - - - - - - -

リンク
カテゴリ
最新コメント
タグリスト

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。