スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-42-1 意-意匠権


■ H15-42 枝1 ■   意-意匠権

<問題>
 意匠登録に関し,次のうち,正しいものは,どれか。

1 本意匠の意匠権の設定の登録の後,その関連意匠の意匠権の設定の登録がされたとき,その関連意匠の意匠権の存続期間は,関連意匠の意匠権の設定の登録の日から15年をもって終了する。






<解答>
答え:  (意21条2項)

解説: 
 関連意匠の意匠権の存続期間は,その本意匠の意匠権の設定登録日から20年をもって終了する(意21条2項)。権利の重複部分に関して存続期間の実質的延長を防止するためである。
 よって,本枝は誤り。


スポンサーサイト


ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-42-2 意-意匠権


■ H15-42 枝2 ■   意-意匠権

<問題>
 意匠登録に関し,次のうち,正しいものは,どれか。

2 本意匠イとその関連意匠として意匠ロ及び意匠ハが意匠登録を受けていたとき,ハが,イには類似しないがロにのみ類似していることだけを理由として,ハについて無効の審判を請求できる場合はない。






<解答>
答え: × (意10条3項,意48条1項1号)

解説: 
 本意匠には非類似であって関連意匠にのみ類似する意匠については,意匠登録を受けることはできない(意10条3項)。類似の無限連鎖を回避するためである。かかる,意10条3項違反は無効理由となっている(意48条)。
 本問においては,関連意匠ハが本意匠イに類似しないことは意10条1項に反するに過ぎないものであるが,その関連意匠ハが関連意匠ロのみに類似することは意10条3項に違反するものである。したがって,意10条3項違反として無効審判を請求することすることができる。
 よって,本枝は誤り。。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-42-3 意-意匠権


■ H15-42 枝3 ■   意-意匠権

<問題>
 意匠登録に関し,次のうち,正しいものは,どれか。

3 本意匠イとその関連意匠として意匠ロ及び意匠ハが意匠登録を受けていたが,イは,ロとハに類似し,ロがハに類似していないとき,イについて実施予定のない当該意匠権者は,イの意匠権を年金不納付により消滅させても,相互に類似しないロとハを分離してそれぞれ別の第三者に専用実施権の設定をすることができない。






<解答>
答え:  (意27条3項)

解説: 
 本意匠の意匠権が存続期間満了以外の理由で消滅したときは,関連意匠の意匠権についての専用実施権は,すべての関連意匠の意匠権について同一の者に対して同時に設定する場合に限り,設定することができる(意27条3項)。一度設定された権利関係の安定性を図るためである。
 本問では,関連意匠ロ,ハの意匠権について同一の者に対して同時に設定する場合に限り,専用実施権の設定が可能である(意27条3項)。
 よって,本枝は正しい。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-42-4 意-意匠権


■ H15-42 枝4 ■   意-意匠権

<問題>
 意匠登録に関し,次のうち,正しいものは,どれか。

 4  部分意匠イの意匠登録出願前に,
   イを含む全体の意匠を現した登録意匠ロが意匠公報に掲載されていたとき,
   イは意匠法第3条の2の規定により意匠登録を受けることができない。






<解答>
 答え: × (意3条1項2号,意3条の2)

 解説: 
   部分意匠イの意匠登録出願後に、イを含む全体意匠ロが意匠公報に掲載された場合に
  意3条の2が適用される。
   本問では,部分意匠イの意匠登録出願前に意匠ロが意匠公報に掲載されているため
  意3条の2の要件を満たさない。
   よって,本枝は誤り。

   Point!
      本問の場合には,意3条1項2号によって拒絶されます。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H15-42-5 意-意匠権


■ H15-42 枝5 ■   意-補正

<問題>
 意匠登録に関し,次のうち,正しいものは,どれか。

 5  意匠イを本意匠とする関連意匠ロが意匠登録を受けていたとき,
   ロがイには類似していないことのみを理由として,ロについて無効の審判を請求できる。






<解答>
 答え: × (意10条1項,意48条)

 解説: 
   関連意匠が本意匠に類似しない場合には,意10条1項違反となるが,
  10条1項違反は無効理由ではない(意48条)。
  一般的登録要件を満たしている以上,本意匠とそれに類似しない関連意匠が並存しても
  第三者に不測の不利益はないからである。
  したがって,ロがイには類似していないことのみを理由として,
  ロについて無効審判の請求をすることはできない。よって,本枝は誤り。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         
弁理士合格アプリ
弁理士合格アプリ125×125
検索フォーム
プロフィール

みるみる事務局

Author:みるみる事務局
- - - - - - - - - - - -
弁理士試験の書籍 『みるみる』シリーズの電子版です。
本ブログは、上記書籍の著作権者による許諾のもと運営する公式サイトです。
- - - - - - - - - - - -

リンク
カテゴリ
最新コメント
タグリスト

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。