スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H17-25-イ 商-商標権の更新


■ H17-25 枝(イ) ■   商-商標権の更新

<問題>
 商標権の更新及び消滅に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(イ) 商標権の存続期間の満了後6月以内に更新登録の申請をした商標権の効力は,存続期間の満了後その更新登録がされる前における商標法第37条各号に掲げる行為には及ばない。






<解答>
答え: × (商20条3項・4項)

解説: 
 更新登録の申請は,第三者の不測の不利益を防止すべく,存続期間の満了前6月から満了の日までの間にしなければならない(商20条2項)。また,商標法条約の要請から,商20条2項の期間内に更新登録の申請ができない場合には,その期間の経過後6月以内に申請することができる(商20条3項)。
 そして,同項の期間内に更新登録の申請をした場合,更新登録がされるまでの間の期間も存続期間は更新されたものとみなす効果が維持される(商20条4項反対解釈)。したがって,商標権の効力は,存続期間の満了後その更新登録がされる前の行為に対しても及ぶ。
 よって,本枝は誤り。


スポンサーサイト


ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H17-25-ロ 商-商標権の更新


■ H17-25 枝(ロ) ■   商-商標権の更新

<問題>
 商標権の更新及び消滅に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ロ) 2以上の商品又は役務を指定商品又は指定役務とする商標権の存続期間の更新登録の申請は,当該商標権に係る指定商品又は指定役務の一部についてすることができない場合がある。






<解答>
答え:  (商20条1項3号,商施規11条)

解説: 
 商標権の存続期間の更新登録の申請は,商標権に係る商品及び役務の区分の数を減じてすることができ,この場合,申請書に「更新登録を求める商品及び役務の区分」を記載する(商20条1項3号)。したがって,区分単位で申請をするため,指定商品等の一部について申請することができない場合がある。
 よって,本枝は正しい。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H17-25-ハ 商-商標権の更新


■ H17-25 枝(ハ) ■   商-商標権の更新

<問題>
 商標権の更新及び消滅に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ハ) 防護標章登録に基づく権利については,その存続期間の更新登録の出願が存続期間の満了後6月以内にされたものであるときは,登録料のほか登録料と同額の割増登録料を納付することにより,その存続期間の更新をすることができる。






<解答>
答え: × (商65条の7)

解説: 
 防護標章登録に基づく権利については,不責事由により商65条の3第2項の期間内に更新登録の出願をすることができなかった場合には,更新登録の出願をすることができる期間が延長される(商65条の3第3項)。しかし,この場合に割増登録料を納付すべきとの規定は存在しない(商65条の7)。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 商20条3項に相当する期間は設けられていません。これは,通常防護標章登録に基づく権利は,その更新手続を怠っても他人が当該防護標章と同一又は類似の商標について登録を受けられることはなく(商4条1項15号),再度防護標章登録を受けることができるからです。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H17-25-ニ 商-商標権の更新


■ H17-25 枝(ニ) ■   商-商標権の更新

<問題>
 商標権の更新及び消滅に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ニ) 使用権者の不正使用による商標登録の取消しの審判(商標法第53条第1項)により商標登録を取り消すべき旨の審決が確定したときは,当該商標権は,その審判の請求の登録の日に消滅したものとみなされる。






<解答>
答え: × (商54条1項)

解説: 
 不正使用により商標登録を取り消すべき旨の審決が確定したときは,商標権は,その後消滅する(商54条1項)。したがって,審判請求の登録日に消滅したものとはみなされない。
 よって,本枝は誤り。

Point!
 審判請求の登録日に消滅するのは,不使用取消審判の場合です(商54条2項)。



ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         

H17-25-ホ 商-商標権の更新


■ H17-25 枝(ホ) ■   商-商標権の更新

<問題>
 商標権の更新及び消滅に関し,次の(イ)~(ホ)のうち,誤っているものは,いくつあるか。ただし,マドリッド協定の議定書に基づく特例は考慮しないものとする。

(ホ) 専用使用権が設定されている商標権の存続期間の更新において,登録料を一括して納付する場合には,専用使用権者は,納付すべき者の意に反しても,その登録料を納付することができる。






<解答>
答え: × (商41条の3第1項かっこ書)

解説: 
 更新登録の申請と同時に納付すべき登録料は,利害関係人であっても納付することができない(商41条の3第1項かっこ書)。更新登録の申請は商標権者の意図のみをもって行われ,登録料の納付が同時に行われるからである。
 よって,本枝は誤り。


ボタン↓を押して「みるみる☆上達ブログ」の応援をお願いします。
 にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ


弁理士合格アプリ
・iPhone版  
       
・android版         
弁理士合格アプリ
弁理士合格アプリ125×125
検索フォーム
プロフィール

みるみる事務局

Author:みるみる事務局
- - - - - - - - - - - -
弁理士試験の書籍 『みるみる』シリーズの電子版です。
本ブログは、上記書籍の著作権者による許諾のもと運営する公式サイトです。
- - - - - - - - - - - -

リンク
カテゴリ
最新コメント
タグリスト

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。